エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログおすすめ記事

2023年大河ドラマ『どうする家康』キャストは?脚本家古沢良太って?【最新情報随時更新中】

スポンサーリンク

現在放送されている『鎌倉殿の13人』も三谷幸喜脚本でスタートから面白演出満載で楽しませてもらってますが、 来年の大河ドラマは脚本古沢良太主演松本潤でこれまた話題沸騰になりそうな予感です。

なおらん

2年連続で現代の脚本家のトップを走り続ける2人を登用するなんて、大河ドラマファンとしてはこの上ない喜びでいっぱいです。



スポンサーリンク
目次

2023年大河ドラマ『どうする家康』キャスト

以下が現在まで発表されているキャストです。

『どうする家康』出演者会見動画

徳川家康

松本潤



大河ドラマ初出演で初主演という大役を担うことになった松本潤さんですが、彼のこれまでの出演作を見ると、シリアスなものからコメディーまで演じることのできる多才な俳優さんであることは間違いないようです。

松本潤ならではの家康像を、どのように演じてくれるのかとても楽しみです。

主な出演作品
ドラマ…「ラッキーセブン」「失恋ショコラティエ」「99.9-刑事専門弁護士-」
映画…「ナラタージュ」

武田信玄

阿部寛



今回で大河ドラマ出演6回目となる大ベテランの域に達しようとしている阿部寛さん。

大河ドラマでは主役こそないが、重要な役どころを数多く演じてきた経験は、初出演初主演の松本潤さんにとって、大きな支えとなることでしょう。

また14年ぶりとなる大河ドラマで円熟味を増した信玄像を演じてくれるのを期待します。

大河ドラマ出演作
「八代将軍吉宗」(1995年)…松平乗邑 役
「元禄繚乱」(1999年)…堀部安兵衛役
「武蔵 MUSASHI」(2003年)…祇園藤次 役
「義経」(2005年)…平知盛 役
「天地人」(2009年)…上杉謙信 役

豊臣秀吉

ムロツヨシ

コミカルな役どころの多いムロさんですが、今回の作品では豊臣秀吉という役はもっともハマっているのではないでしょうか。

福田雄一作品には欠かせない役者さんですが、古沢良太さんの脚本ドラマで、彼のキャラクターがどう料理されていくのか楽しみなところです。

大河ドラマ出演作
「平清盛」(2012年)…平忠度 役
「おんな城主 直虎」(2017年)…瀬戸方久 役

瀬奈(築山殿)

有村架純



こちらも大河ドラマ初出演となる有村架純さんですが、NHKドラマでは『あまちゃん』『ひよっこ』に出演しています。

築山殿のイメージがあまりわかないので、どんな演出になるのか、どんな瀬奈(築山殿)になるのかワクワクするみどころとなりそうです。

また、松本潤さんとは3度目の共演となるので息の合ったところも見せてくれるのではないでしょうか。

主な出演作品
ドラマ…「太陽の子」「中学聖日記」「失恋ショコラティエ」
映画…「ビリギャル」「ストロボ・エッジ」「ナラタージュ」

今川義元

野村萬斎

公家文化に傾倒のある今川義元役を狂言師の野村萬斎さんが演ずるのは興味津々。

今までの大河ドラマでは歌舞伎役者の片岡愛之助さんの今川義元が№1だったが、萬斎さんが塗り替えてくれそうな予感がします。
彼のいずまいたたずまいをみるだけでも気持ちがシャキッとしてきます。

時代劇にはなくてはならない存在となりそうです。

大河ドラマ出演作品
「花の乱」(1994年)…細川勝元 役
映画…「陰陽師」「のぼうの城」「スキャナー」(古沢良太 脚本)

織田信長

岡田准一



大河ドラマ出演2度目となる岡田准一さん。
前回は『軍司官兵衛』で主役を演じた彼ですが、今回は同時代を生きた織田信長役です。

大河ドラマファンなら官兵衛のイメージが強く残っているところだと思いますが、どう払拭して新たな信長を演じてくれるのか大変興味が湧いてきます。

また身近な先輩が脇を固めてくれることに松本潤さんも心強いのではないでしょうか。

大河ドラマ出演作品
「軍師官兵衛」(2014年)…主演・黒田官兵衛 役

脚本家古沢良太とは?

2016年にはデータニュース社によるテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象3000人)において、2012年4月以降に放送されたテレビドラマの脚本家別満足度ランキングで、『リーガル・ハイ』シリーズや『デート~恋とはどんなものかしら~』が高満足度基準の3.7を上回る高数値を記録し、〝高満足度脚本家″1位となった。

少年時代は漫画家志望であった。そのため、脚本を執筆する際は、誰にも見せる事はないが、映像をイメージしてスケッチブックに画を描くという。

引用元 Wikipediaより

古沢良太さんも三谷幸喜さん同様、コミカルな作品で知られている脚本家です。

私が古沢良太さんを知るようになったのは『リーガル・ハイ』でした。

堺雅人さん演ずる古美門研介と新垣結衣さん演ずる黛真知子のドタバタ法廷ドラマですが、テンポの良い演出に思わずフフッと笑いがこみあげてくる作品でした。

主役の2人が大河ドラマの三谷幸喜作品に出演しているとは何かの縁を感じてしまいます。

参考情報です。
堺雅人…『真田丸』主演 真田信繫役 『新選組!』山南敬助役
新垣結衣…『鎌倉殿の13人』八重役

古沢良太 主な作品

映画
●「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ(2005,2007,2012年)
●「キサラギ」(2007年)
●「釣りキチ三平」,「 60歳のラブレター」 (2009年)
●「探偵はBARにいる」シリーズ(2011年,2013年,2017年)
●「外事警察 その男に騙されるな」(2012年)
●「映画鈴木先生」,「少年H」(2013年)
●「寄生獣」シリーズ(2014年,2015年)
●「エイプリルフールズ」(2015年)
●「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」(2016年)
●「コンフィデンスマンJP 」シリーズ」(2019年,2020年,2022年)

テレビドラマ
●リーガル・ハイシリーズ(2012年~2014年)
●デート〜恋とはどんなものかしら〜(2015年)
●コンフィデンスマンJPシリーズ(2018年~2020年)

関連番組が3/26(土)BSプレミアムで放送

撮影に向けていよいよ動き出しているようです。

BSプレミアムでは松本潤さんが、家康が決断をせまられた現場を「自分ならどうする?」という視点で歩く特番が放送されます。

3/26(土)夜9:00 お見逃しのないように‼

【どうする家康】BS関連番組『どうする松本潤』~ピンチの時の家康の選択は?

まとめ

2023年の大河ドラマ『どうする家康』にこれまで出演が決定したキャストと脚本家について紹介してきましたが、2次情報、3次情報が次々出てくると思います。

情報が出次第更新していきますので、今後ともおつきあいよろしくお願いします。

【どうする家康】キャスト発表第2弾~チーム家康が続々と決定!




徳川家康は幼少期から晩年にいたるまでピンチの連続という荒波を乗り越えてきました。

その場面ごとにどのような選択をしてどう切り抜けてきたのかがドラマの焦点になると思います。

徳川家康について軽くマンガで予習してから来年の大河を見るのが楽しむポイントとなりそうです。

なおらん

私もドラマを楽しむために今から予習しよっと!


現在放映中の『鎌倉殿の13人』もよろしくね!

\31日間無料トライアル実施中/

ランキング参加中!
ポチっとしていただけたら励みになります!(^^)!

PVアクセスランキング にほんブログ村


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる