エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

2024年大河ドラマ【光る君へ】キャスト一覧~紫式部の生涯を彩る人々【随時更新】

2024年の大河ドラマは吉高由里子主演、大石静脚本の【光る君へ】という発表が、2022年5月11日にありました。

内容は「世界最古の女性文学」と呼ばれる『源氏物語』を生んだ主人公の紫式部(役名:まひろ)の生涯を描くというもの。

タイトルの光る君とは源氏物語の主人公光源氏を指しており、そのモデルとなったのは平安時代中期に栄華を極めた藤原道長とされています。

主人公まひろ吉高由里子)の相手役ということで、キャストは誰になるのか予想がにぎわっていましたが、やっと発表されました。(11/8)

ちまたでは松下洸平さんや井浦新さんの声が多かったようですが…。(参照:J-CASTアンケート

やはりドラマ「最愛」のインパクトが大きかったようです。

【ドラマ『最愛』感想】最愛の人を守ろうとする加瀬の悲しくも一途な愛



発表されたキャスト、藤原道長柄本佑さんでした。

「知らなくていいコト」(2020)での共演が記憶に新しいところです。

この脚本も大石静さんでしたね。

元カレとの関係にドキドキしたものです。

息の合ったまひろと道長の関係性が、より楽しみになりました😊

今後のキャスト発表が待ち遠しいです。

スポンサーリンク
目次

【光る君へ】キャスト一覧

紫式部(まひろ)

吉高由里子

吉高さんは大河ドラマは2度目の出演となります。

前回は『篤姫』で於哲という役で島津斉彬の異母弟・島津忠教の娘を演じていました。

紫式部について

平安中期の女流作家。
『源氏物語』『紫式部日記』『紫式部集』の著者です。

藤原道長娘で一条天皇の中宮である彰子に仕えて『源氏物語』を完成させています。

尊卑分脈』には道長の妾であったという記述もみられるが、その関係は不明です。

藤原道長

柄本佑

柄本佑さんは、風林火山(2007年)、いだてん(2019年)に次ぐ、3度目の大河の出演です。

藤原道長について

五男に生まれ、道隆、道兼という有力な兄がいたため、さほど目立たない存在だったが、思わぬ事態が重なり、若くして政権の中心に躍り出ることになります。

一条天皇に長女の彰子を入内させ中宮とし、次の三条天皇には次女の妍子を入れて中宮とします。
しかし、三条天皇と深刻な対立が生じると退位に追い込み、彰子の生んだ後一条天皇の即位を実現して摂政となります。

後一条天皇には三女の威子を入れて中宮とし、「一家立三后」(一家三后)という剛腕を発揮し驚嘆されました。

まひろ(紫式部)とは幼いころに出会い、のちに「源氏物語」の執筆をバックアップし、后となった娘に学問を授けさせるために宮中に出仕させます。

二人には身分差があるが、生涯離れることのないソウルメイトとなったのです。

 この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

藤原道長が最高権力者となり、この世は自分の思うようにならぬものはないと詠んだ和歌です。

「一家立三后」とは藤原道長が生きている間に自分の娘を3人も皇后にしたことを言います。

脚本家 大石静について

『功名が辻』(2006年)以来の大河ドラマの脚本を担当することになった大石さんは、日本でトップクラスの脚本家さんです。

1980年代より数々の人気作を世に送り出しています。

吉高由里子さんとは2020年の日本テレビ系ドラマ『知らなくていいコト』以来のタッグになります。

女性目線で描く平安中期に期待度アップですね(^^♪

大石静脚本 主な作品

  • ふたりっ子(1996年)
  • オードリー(2000年)
  • ハンドク!!!(2001年)
  • 功名が辻(2006年)
  • セカンドバージン(2010年)
  • 家売るオンナ(2016年)
  • 大恋愛〜僕を忘れる君と(2018年)
  • 知らなくていいコト(2020年)

ストーリー

10世紀後半、京で生まれた一人の女の子。父・藤原為時は和歌に秀で、名を知られた文人。貴族の中ではけっして上位ではないが、名家である。女の子はまひろと名付けられ、幼くして母を失ったものの、弟とともに父の慈愛を受けて育つ。

まひろの文学の素質は際立ったものがあり、弟への講義を横で聞くだけで、漢学も和歌も覚えてしまうほどだった。学問はまひろにとって、心の中の豊かな世界観の礎となる。

母の死から数年後、少女のまひろが出会った運命のひと。それがのちの最高権力者となる藤原道長である。そのころの道長は、まだ兄たちの陰に隠れて、おっとりとしたかわいらしい少年にすぎなかった。成長するにつれて、まひろと道長は、子どもらしい親しみから、やがてお互いにかれるようになる。しかし両家の家格の違いと、まひろの母の死にまつわる秘密が、二人の関係に影を落とす。

その後、父の受領としての赴任先・越前に同行したまひろ。一方で、道長はライバルを蹴落とし、権力の階段を急速に上り始めていた。まひろは思いを断ち切って、京に戻り藤原宣孝との結婚を決める。宣孝とは父ほども年が離れており、娘を授かったものの、わずか一年で夫が急逝。まひろはシングルマザーとなる。

道長は、天皇に娘を入内させ、いずれは天皇の祖父=外戚となることをもくろんでいた。天皇、道長たち貴族、そして后や姫たちの複雑な人間関係を聞き知ったまひろ。生来の文学好きと結びついて想像が広がり、子育てのかたわら、一編の物語を書きはじめる。主人公は皇子でありながら、臣下となった光る君。その呼び名のとおり光り輝くように美しい男性だ。やがて『源氏物語』の評判は道長の耳に入り、娘に后としての教養を授ける女房として宮中に上がるよう、強く誘われる。ライバルを抑え、我が娘に文学好きな天皇をきつけたい思いが、道長にはあった。

一人娘の養育のために、宮中に上がることを決意するまひろ。宮仕えのかたわらで、道長のバックアップを得て、乞われるままに源氏物語を書き進む。書き上げる端から周囲が奪い合うほどの人気ぶりで、女性たちはもちろん、天皇までもが源氏物語に魅せられる。ヒロインの紫の上にちなんで、まひろに「紫」の呼び名が冠されるほどだった。

引用元 NHK_PR 光る君へ

2024年大河ドラマ【光る君へ】キャスト一覧 まとめ

2024年の大河ドラマは吉高由里子さん主演、大石静さん脚本の【光る君へ】です。

大河ドラマで女性が主人公になるのは、柴咲コウさん主演の『おんな城主直虎』以来7年ぶりです。

女性が主人公の大河ドラマも7作目という7つながり!

その作品を当代きっての人気女優と人気脚本家がタッグをくんで送り出す。

期待しかありませんね(≧▽≦)

今後発表されるキャストについても随時更新していきますので、楽しみに待っていてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(*^^*)

大河ドラマ(過去作)を観るならU-NEXTで

\31日間無料・U-NEXT 下のボタンから申し込みできます/

ランキング参加中!
ポチっとしていただけたら励みになります!(^^)!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次