エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

「0352750621」は無視して大丈夫?|オリコビジネスローンの勧誘電話です

スポンサーリンク

今日のお昼過ぎに家の固定電話が鳴りました。

キッチンで洗い物をしていた私は、すぐに出ることができずにいたら留守電に切り替わりました。

しかし、用件は入っておらず気になった私は、すぐに「136」をダイヤルし電話番号を調べました。

アナウンスされた番号は「0352750621」

調べてみるとオリエントコーポレーション(オリコからでした。

スポンサーリンク
目次

電話番号「0352750621」はオリコのビジネスローンの勧誘電話です

知らない電話番号からの着信
知らない電話番号からの着信

オリコカードは持っているけど、使用したことがなかった私は変だなと思いました。

そこでネットで調べてみたところ、オリコビジネスローンの勧誘電話でした。

営業電話だったので出なくてホットしたところですε-(´∀`*)ホッ

オリエントコーポレーション(オリコ)とはどんな会社

オリエントコーポレーション
オリエントコーポレーション

オリコは「株式会社オリエントコーポレーション」という1954年創業の会社です。

オリエントコーポレーション企業サイト

主な事業

  • カード・融資事業
  • 決済・保証事業
  • 個品割賦事業
  • 銀行保証事業

資本金
1500億円(2022年3月31日現在)

従業員数
4247人(2022年3月31日現在)

以上のように決してあやしい会社ではないので、電話がかかってきたとしてもひとまず安心です。

「0352750621」オリコのビジネスローンの勧誘電話の口コミ

なおらん

それでも評判は気になってしまいますよね。口コミを調べてみました。

口コミ

融資とかローンがどうとかただのセールス。まじでウザい。一応丁寧な対応だが、個人情報を勝手に漏らす輩が最低。

お金借りろって言われた。実質迷惑電話。

ビジネスローンの勧誘。安心した。

ビジネスローンの案内なのですが、特に優遇されることはなく、公式HPで申し込むのと変わらない。あえて電話を受ける必要もないかと思います。

ワン切りしてきた。かけなおしたらオリコビジネスローンセンター。面倒だったので、間違い電話のふりをした。

融資の案内でした。しつこいかと思ったらそんなこともなく紳士的でした。

商品案内と言うカードローンの営業。不要だと断ったが、たぶんまたかかってくるので着信拒否登録しておいた。

融資勧誘。金利高すぎ。

出たら切れました。迷惑です。

電話番号「0352750621」は基本無視して大丈夫です

悩む男性
どうする?

「0352750621」はオリコのビジネスローンの勧誘電話とわかりました。

オリコカードの利用が1度もない、あるいは完済して何年もたっているなら、無視しても大丈夫です。オリコカードの利用があり完済していない場合は、遅延催促の電話の可能性もあるので、出たほうが良いでしょう。

セールス電話が嫌いな人や、しつこくかかってくるのが嫌だったら着信拒否設定をしておきましょう。

うちの場合は固定電話にかかってきました。

なおらん

我が家は家にいる時も留守電にしてます。




緊急連絡でしたら留守電に入れるだろうし、入ってない場合はたいしたことのない電話だったと判断します。

身内はみんな携帯電話のほうにかけてもらうように対処済み。

気になる場合は「136」で確認です。

こうすることで迷惑電話を防ぐことができます。

とは言え、「0352750621」はオリエントコーポレーションからの電話なので、そんなにビビる必要もないのですが…。

なおらん

必要のない電話の相手をさせられ時間を奪われるのは迷惑ですよね^^;先手を打って対処するのが賢明です。

「0352750621」からの着信あり まとめ

「0352750621」からの着信があった時のまとめです。

  • オリコのビジネスローンの勧誘電話
  • オリエントコーポレーションはあやしい会社ではない
  • ワン切りしてくることもある
  • セールス電話が嫌なら着信拒否設定をしておく
  • 固定電話はつねに留守電にしておく
  • 「0352750621」はオリコカードの利用がないなら無視して大丈夫

知らない電話からの着信は怖いですよね。

まずはすぐに電話に出ることがないようにすべきです。

今回はたまたまオリエントコーポレーションというしっかりした会社だったので、不安にならなかっただけのことです。

昨今、詐欺事件も多発しているので、できる限り自己防衛対策をして守りをかためておきましょう。

おわり





この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次