エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第10話あらすじ感想【根拠なき自信】頼朝の弟たちが次々と現る

スポンサーリンク

前回の放送ではとうとう頼朝・義経兄弟の涙の対面を果たすことができましたね。

ぶっちゃけ笑いあり涙ありの対面でしたけど…(≧▽≦)

義経はバカ正直というか、素直というか思ったことをはっきり言ってしまうところがあるようだね。





平泉は鎌倉とは比べ物にならないくらい美しいところだと言ったり、頼朝が鎌倉を平泉に負けないくらい豊かな国にしてやると言えば、「いやぁ、どうでしょう、難しいんじゃないですか」と言ってしまうおバカさん(>_<)

これには場の空気も凍り、義時も冷や汗をかいただろうね。



これからは、そんな義経が怒涛の活躍を見せる時がやってくるのですが、、、

その前に平家方の、常陸の豪族佐竹義政平田 広明)を成敗しなければなりません。

なおらん

平田 広明さんて、知る人ぞ知る。『ONE PIECE』のサンジの声の人よね!

こんな大物をワンポイントだけで出してくるなんて、三谷さんまたまた憎いことしてくれるじゃないですか(≧▽≦)



第10話からは、登場人物も増え、ようやく役者がそろってきた感じです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次