エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第21話あらすじ感想~仏の眼差し|八重の死

平泉から戻った義時。義経を想い土肥実平と語り合うも、表情はさえない。

そこへ現れたのは八田知家(市原隼人、鎌倉殿に命じられ鎌倉中の道を歩きやすくするために土をほじくってると言う。


八田は孤児を連れてきて、義時に面倒を見てやってほしいと言うのだが…。

いやいや、面倒見てるの八重さんですから!

名は鶴丸。

八重さんの顔がほころんでいたよね(>_<)
千鶴丸を思い出したんだね。



スポンサーリンク
目次

【鎌倉殿の13人】第21話 あらすじ

藤原泰衡は、義経の首を差し出した。

しかし、それは頼朝の罠。

義経という武器を失った平泉は、もはや鎌倉の敵ではなかった。

―オープニングナレーション引用

奥州藤原氏の滅亡

藤原泰衡の家人、河田次郎が主君の首を差し出してきました。

頼朝の顔はけわしい。

「恩を忘れて欲得で主人を殺すとはなにごとか」と言い、首を今すぐはねよと命じます。これから大事になる忠義のための見せしめです。



ついに日本すべてを平らげた。源氏の世も目の前まできてるが、その前になんとかしなければならないのが、京の大天狗法皇様。天下草創の総仕上げの時がきたのです。

だが、ずっと浮かない顔の義時に頼朝は「悔やむな。己のやったことが正しかったのか、そうでなかったのか決めるのは天だ。天が与えた罰なら甘んじて受ける。それまでは突き進むのみ。」と答えるのでした。


陣の中の戦勝の酒宴でも御家人たちはみな義経の死を悼んでいます。

ただ一人庭で飲んでいた梶原景時は「九郎殿は亡くなったがその名は語り継がれる。そして戦の何たるかも知らぬ者として梶原景時の名もまた残る。これも運命か」と言い義経を想うのでした。

後白河法皇からの書状

法皇から奥州攻めの褒美に望みの恩賞を出すと書状が来ます。

それを断る頼朝。けっして思いどうりにはならぬと示したのです。

院の御所では頼朝追討の院宣を出したことを怒ってるのではないかと推察すると、法皇はこんな時に平家がおったらや、義仲、九郎なんで滅んだだのと勝手な事ばかり言い出すのです。

お前がすべて悪いんじゃーー!!

都合が悪くなるとすべて人のせいにして。天皇であった人の言葉とは思えんわ。

御所に集まる頼朝と北条家族

鎌倉御所に頼朝と北条家族が集まります。

頼朝は金剛に「いずれは万寿を支え、鎌倉を盛り立てていけ」万寿には「金剛を大事にせよ」と言って、互いの絆を深めようとするのです。


頼朝さんここからが大変。八重との昔話をし始め、周りのものをイライラハラハラさせます。

ここで政子さんがきっぱりとたしなめるのです。

いい気味。政子さん、よくぞ言ってくれました!

仕事に戻ってからも、金剛はわしに似ておるんじゃないかと義時をからかう頼朝だったのです。

あくどい男よのう。やっぱ頼朝きらいだわぁ。

伊豆へ向かう時政、義時、時連

北条館に集う一族

時政とりくの間に待望の男の子が生まれ、北条一族がお祝いに訪れました。

畠山重忠も時政の娘をめとり、一族の仲間入りをしています。

そして1話で赤子だった三男時連瀬戸康史も登場です。

第1話 赤子の時連
第1話 赤子の時連

この場ではメンヘラ大姫ちゃんが出てきたり、比企家に遅れをとっていると思っているりくさんが、日頃思っていることをぶちまけたり大変だったのですが、時政パパがうまく話をそらせます。

りく

日頃のうっぷんを晴らさせていただきました。



願成就院の本堂ができたから、義時、時連に一緒に行こうと。

おんたらくそわかとは真言密教の虚空蔵菩薩の真言で、記憶力が良くなるそうです。また、そわか(薩婆訶)は祝福や幸せをあらわす言葉のようです。

願成就院で出会う運慶

伊豆の願成就院へ行くと、時政が仏像制作を依頼していた仏師運慶相島一之がいます。

阿弥陀如来像も顔に筆を入れるだけとなっています。

運慶は、時政は寄進をする自分はそれに見合った仏像を彫る、貸し借り無しの対等な関係でいようと言うのです。

もちろん時政パパは懐の広い人、納得して意気投合します。

このあと阿弥陀如来像に見守られながら、酒宴となるのでしたが、仏の前では酒を口にしない運慶でした。

酒宴での運慶と義時
酒宴での運慶と義時

八重の死

河原での出来事

義時が伊豆へ行っている頃、子供たちを川へ連れて行き遊ばせている八重と義村。

金剛と義村の娘・初の仲が良く、将来夫婦にさせようかと義村は言います。





義村が用をたしに行っている間に、鶴丸が岩にしがみつき川に流されそうになっています。

八重は助けようと川へ入っていくのです。

川で死んだ千鶴丸を思い出したのでしょう。

戻ってきた義村も川へ急ぎ入っていきます。



八重は流れの速い川に逆らいながら、懸命に鶴丸を抱き川岸へ向かって歩いてきているのです。

義村は鶴丸を引き取り岸へ向かいます。

鶴丸を助け出した八重は、そのまま川の中へと消えてゆくのでした。

八重役・新垣結衣さんインタビュー

仏の眼差し

その日の夜、義時は伊豆で仏の眼差しに八重を感じながら時を過ごすのでした。

仏の眼差しに八重を思い出す義時
仏の眼差しに八重を思い出す義時

つづく…

\ガイドブックがあるともっとドラマを楽しめるよ/

【鎌倉殿の13人】第21話 感想

明るかった義時が義経の死からだんだん暗く沈んでいきます。そして今後は奥州で見せたような厳しい顔つきになってゆくのでしょう。

義時の変化にアクセントをつけるには素晴らしい効果となっています。

また、史実ではよくわかっていない八重を、川で入水自殺したという伝承の、川で死ぬというのを取り入れて作り上げている三谷さんの巧みさに感服です。

まあ、何が悲しいって、母を目の前で失った金剛の後ろ姿でおばさんは号泣ですよ。

毎回毎回泣かされっぱなしです(>_<)


一部、義村はなんで二人とも助けないのって声もありますが、急流での川はとても危険です。一人助けられただけでも凄いことです。



このあと、義村は言葉とは裏腹に自責の念を抱いていることでしょう。そして義時に対し忠実になっていくはずです。

そんな心の中を読み取っていくのもドラマを観る楽しみの一つです。




サブタイトルの仏の眼差しは「母の眼差し」ってことですね。

今回の私の注目点
なおらん

来年の大河は【どうする家康】2024年は【光る君へ】です。さりげなく宣伝してるあたりは三谷さんのやさしさですね。ん?偶然か⁉(≧▽≦)

大河ドラマ(過去作)を観るならU-NEXTで

\31日間無料・U-NEXT 下のボタンから申し込みできます/

NHKまるごと見放題パックを購入いただくと、本数制限なく「見放題」で作品を楽しめます。月額は990円(税込)。←U-NEXT の月額とは別。
なんとこれは毎月付与される1200Pの使用が可能なので断然お得です。
(※初月お試し期間)のポイントは600Pです。

ランキング参加中!
ポチっとしていただけたら励みになります!(^^)!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次