エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第21話あらすじ感想~仏の眼差し|八重の死

スポンサーリンク

平泉から戻った義時。義経を想い土肥実平と語り合うも、表情はさえない。

そこへ現れたのは八田知家(市原隼人)、鎌倉殿に命じられ鎌倉中の道を歩きやすくするために土をほじくってると言う。


八田は孤児を連れてきて、義時に面倒を見てやってほしいと言うのだが…。

いやいや、面倒見てるの八重さんですから!

名は鶴丸。

八重さんの顔がほころんでいたよね(>_<)
千鶴丸を思い出したんだね。



1話から見返したい人はこちらを参考にどうぞ
なおらんについてちょっと紹介!
なおらん

私、なおらんは大河ドラマ視聴歴30年以上の、大河ドラマや歴史ドラマが3度の飯より好きなアラカン主婦です。最初に観た大河ドラマは滝田栄さん主演の『徳川家康』。今までの大河で一番好きなのは『真田丸』です。大河ドラマのおばちゃんと思ってくれたらうれしゅうございます😊

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる