エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第24話あらすじ感想~変わらぬ人|大姫と範頼の死

スポンサーリンク

最近の鎌倉殿の13人は見てるだけでしんどくなりますよね😥

毎回誰かが死んでゆく…

まーね、武士の時代だから仕方ないのはわかってるんだけどさ、魂擦り切れそうだわ(´;ω;`)ウゥゥ

前回では頼朝の身代わりとなって工藤祐経がアウトしてしまいましたが…(死ぬという言葉を使うのも滅入ってしまう)

義時はうまいこと謀反に見せかけた敵討ちと美談にしてしまいましたが、混乱する鎌倉では蒲殿を次の鎌倉殿にという動きが起きてしまいました。

頼朝は蒲殿に疑いの目を向け怒りに震えてしまうのですが…。

1話から見返したい人はこちらを参考にどうぞ

鎌倉殿の13人の人物像をもう少し深く知りたい方はこちらをどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる