エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第24話あらすじ感想~変わらぬ人|大姫と範頼の死

スポンサーリンク

最近の鎌倉殿の13人は見てるだけでしんどくなりますよね😥

毎回誰かが死んでゆく…

まーね、武士の時代だから仕方ないのはわかってるんだけどさ、魂擦り切れそうだわ(´;ω;`)ウゥゥ

前回では頼朝の身代わりとなって工藤祐経がアウトしてしまいましたが…(死ぬという言葉を使うのも滅入ってしまう)

義時はうまいこと謀反に見せかけた敵討ちと美談にしてしまいましたが、混乱する鎌倉では蒲殿を次の鎌倉殿にという動きが起きてしまいました。

頼朝は蒲殿に疑いの目を向け怒りに震えてしまうのですが…。

\鎌倉殿の13人の人物像をもう少し深く知りたい方におすすめ/

スポンサーリンク
目次

【鎌倉殿の13人】第24話 あらすじ

富士の巻狩りで起こった、頼朝の暗殺未遂。

その余波が、鎌倉を揺るがしている。

野心を見せた者を 頼朝は許さない。

―オープニングナレーション引用

範頼を信じられない頼朝

頼朝、万寿が無事に戻ってきて安堵する政子達が挨拶をすませ下がったあと、すぐさま頼朝、義時、大江、安達で範頼に関しての協議が始まります。

三善康信が、範頼を頼朝の跡継ぎへと朝廷へ働きかける書状を梶原景時が取り押さえ差し出したものに対してです。

義時は蒲殿はそんな人じゃない、混乱を避けるためにやったのではないかと進言しても、大江広元は「なぜああまで急いでいたのか解せぬ」と疑心暗鬼になっている頼朝をあおってしまうのです(>_<)。

大江さんは義時とは別に頼朝の信頼を得ている人だよね。鎌倉にいて状況を一部始終見ているから彼の発する言葉は必然的に重くなってしまっている。範頼にはまったく野心なんてないのにいたたまれないよ。

保身のため仮病を使う比企能員

せっぱつまった範頼は、能員にとりなしをしてもらおうと比企館を訪れるものの、能員は顔も出さず、仮病を使って逃げるありさまです。

比企能員夫婦は道さんがネックだね。女が強い家は続かないフラグ?今回ばかりは道と道にさからえない能員のせいだな。

勘のいい義時は比企殿が絡んでいるのではと察し、範頼にはっきり鎌倉殿に言うべきだと言うものの、範頼は「すべて私の一存でやったこと」とすべての責任を負うつもりでいるのです。

どこまで人がいいのさ。いい人すぎて腹立ってくるわ。

いい人が生き残れるという時代ではないっていうことだよ。つーか蒲殿生きるのへただな。

起請文に難くせをつける大江広元

範頼は潔白を示すために起請文を書きます。

しかし、頼朝は「なぜわしが生きてると思わなかった。死んでほしいという思いがあったのではないか」と厳しくつっこむのです。

大江広元にいたっては起請文の文面に偽りがあると難くせをつけてきます。

言いがかりもここまでされるとわざと貶められてるとしか思えないよね完全にいちゃもんじゃねーか!

ダークサイドを取り仕切る二人の策略に見えてきてしまうわ。

だんだんと釈明するのがむなしくなってしまう範頼に対し、野心があったからだとみなしてしまう頼朝です。

処分がでるまで範頼に謹慎を命じるのでした。

比企尼登場

事態を憂慮した安達盛長は頼朝の乳母だった比企尼に間に入ってもらおうと呼び寄せます。

「疑われるようなことをした。それだけで罪なのじゃ」と言う頼朝に「立場は人を変えますね」と言う比企尼。

心優しい少年だった頃、髻の中に小さな観音様を入れていたことを思い出し話すのでした。

すると頼朝は「挙兵する時に観音様は捨てた。源氏の棟梁として甘く見られないように。こうやって私は命をつないできたのです」と言い返すのです。

ここで尼さん頼朝の頬をバッチーンと一撃!

あぁ、スッキリ!もう一発くらいひっぱたいてやったらいいのに。




1人になった頼朝は考えにふけります。

翌日、範頼は死罪を免れ伊豆の修善寺に幽閉、謹慎を命じられたのでした。

この時は比企尼の一発が効いて、命をとることはしなかったってことだよね。

一件落着したあと、ちゃっかり比奈と一緒に暮らしている義時でした。

大姫の入内問題

後白河法皇が死んでしまって、大姫の後鳥羽天皇への入内の話が立ち消えになってしまいました。

仕方なく頼朝は公家の一条家に目を付け、嫡男の高能に嫁がせようとします。

はあ、政治の駆け引きのためには娘をも利用するとは…。頼朝だけに限ったことじゃないけど、大姫の許嫁の義高を殺しているぶん、憎さが倍増するんだよなぁ。

だけど、大姫は許嫁がいるのだと話し縁談を断ってしまったね。義高への思いがいまだ残っているのがせつないね。

頼朝に大姫を何とかせえと言われた政子は、卜占に通じている全成に協力を仰ぎに行きます。

義高の霊魂を呼び出し、大姫に引導を渡すためです。

しかーし、全成は霊能力者ではありません!大姫に紫式部を呼んでと言われ、実衣にこっそりムリっていってるやーん(≧▽≦)




お芝居をして義高が下りてきたふりをするものの、大姫の罠にまんまとひっかかり、嘘がばれてしまいます。

大姫はぷんぷん怒ってしまいました😡。

すべてが逆効果となってしまったのです。

巴を訪れる大姫

気持ちとは裏腹に義高の面影が薄れていく大姫は、思い切って巴に会いに行きます。

巴は義高の父・義仲の愛妾だった人。

巴は義仲との話をし、大姫に「生きている限り前に進まなければならない。面影がうすらいだということは冠者殿が前へ進めとおっしゃっているのですよ」と優しく背中を押すのでした。



御所に戻った大姫は父と母に言います。

「帝のお后となるお話、もう一度すすめてください」

頼朝二度目の上洛

1195年3月、頼朝は二度目の上洛を果たします。

万寿も元服をし、名を頼家と改めて従っています。

政子や大姫も同行します。後白河法皇の寵姫で依然として朝廷で力を持っている丹後局に挨拶をするためです。

丹後局との面会


丹後局はにこやかに接してくれるものの、あきらかに政子や大姫を田舎者と見下しています。

政子が我慢し下手に出ても、どんどん高飛車な言い方になっていくのです。

「帝の后となり男子を産めるかどうか、その一点にかけてみな入内させるのじゃ。そなたにそのお覚悟はおありか!」

さらに凄みをきかせて迫ります。

頼朝卿に伝えよ!武力をかさに着て何事も押し通せるとは思われぬようにと。」

いやあ、京香さん迫力あったねー!極道の姐さんのようだったね。

政子と丹後局の間のバチバチ対決は大姫の命を確実に縮めたな。

そして頼朝もまた、痛い洗礼を受けていたのでした。



大姫の死

手痛い洗礼を受けた大姫はその夜、寝所を抜け出します。

御家人たち総出で捜索にあたります。


父たちと飲んでいた義村が、一足先に宿所へ戻ろうとすると、途中で雨の中うずくまっている大姫を見つけます。

何もかもが嫌になって、飛び出して気が付いたらここにいたという。

「姫は、姫の生きたいように生きるべきです。帝に嫁いだところでそれがなんになりましょう。人は己のしあわせのために生きる。当たり前の事です」と優しく諭す義村だったのです。

それを聞いて大姫は高熱を出し崩れるように倒れるのでした。


鎌倉へ帰り、政子の看病もむなしく、二年後二十歳の若さで大姫は亡くなりました。

死ぬのは怖くない、義高と会えることを楽しみにしてると言った大姫にとって死ぬことが己の幸せだったのかな。悲しくなるね。

大姫の亡骸の横で、三幡の入内を進めようと野望を表す、鬼となった頼朝がいたのでした。

政子に語りかけるりく
号泣する時政の横で毅然とした態度のりく。女が強くなると家が傾くフラグか?

範頼誅殺命令

居室で大江広元と密談をかわす頼朝。

「誰かが源氏を呪っておる。やはり生かしておくべきではなかったか」

範頼が呪詛をしていると決めつけている頼朝は、梶原景時を呼ぶのです。



修善寺で村人と農業に勤しんでいる範頼をじっと見つめる人影が…。善児だ!

範頼は村人ともども殺された。

一人だけその場を見ていた少女(トウ)がいた。

このところ頼朝は熟睡できず、夜中に何度も起きて額の汗をぬぐう。

天に守られている命が残り短いことを察し不安に苛まれるのであった。

つづく…

\ガイドブックがあるともっとドラマを楽しめるよ/

【鎌倉殿の13人】第24話 感想

今回の副題は「変わらぬ人」です。

激動の時代の中で変わってゆく頼朝や政子、義時に巴。

それとは真逆に変わらぬ人柄の範頼や、蒲殿の呪縛から解き放たれることのない大姫。

この世を去っていくのはいつも「変わらぬ人」です。

シチュエーションは違っても現代でも当てはまるところはありますよね。

時勢に敏感で変化を惜しまない人はどんどん昇りつめていく。

変われない人は取り残されて時代の屍となっていくのです。

とても深い回だなーと思いました。
(ま、三谷さんがどんな思いで書いたのか、視聴者がどんな思いを受け取ったかは人それぞれですが…)

いよいよ頼朝の死が近づいてきています。

吾妻鏡では、頼朝の死の前後三年間がすっぽり抜けています。

三谷さんにとっては想像を膨らませ自由に書けるから好都合なのか⁉😂

まさかのナレ死にはならないでしょうね(≧▽≦)

今回では頼朝の顔に死相(?)が出てきてるようで、まったく別人のような顔つきになってましたね。

今回の私の注目点
なおらん

義時と暮らし始めた、比奈堀田真由)の声が耳に心地よくないですか?八重より若く会話のスピードは少し早めだけど、八重を彷彿させる落ち着いた声が義時を救っているのでしょう。「鎌倉殿の~」のキャスティング力は賞賛すべきですね。

大河ドラマ(過去作)を観るならU-NEXTで

\31日間無料・U-NEXT 下のボタンから申し込みできます/

NHKまるごと見放題パックを購入いただくと、本数制限なく「見放題」で作品を楽しめます。月額は990円(税込)。←U-NEXT の月額とは別。
なんとこれは毎月付与される1200Pの使用が可能なので断然お得です。
(※初月お試し期間)のポイントは600Pです。

ランキング参加中!
ポチっとしていただけたら励みになります!(^^)!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次