エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第23話あらすじ感想~狩りと獲物|謀反を装った敵討ち

スポンサーリンク

前回では、曽我兄弟の陰謀が義時の耳に入りました。

親の敵討ちと見せかけ頼朝を討つという陰謀。

五郎の烏帽子親である時政が関わっているかもしれないと不安になる義時でしたが…。

1話から見返したい人はこちらを参考にどうぞ


時政と2人きりになり、曾我兄弟の陰謀を伝えると、驚愕する父であったのでした。

なおらんについてちょっと紹介!
なおらん

私、なおらんは大河ドラマ視聴歴30年以上の、大河ドラマや歴史ドラマが3度の飯より好きなアラカン主婦です。最初に観た大河ドラマは滝田栄さん主演の『徳川家康』。今までの大河で一番好きなのは『真田丸』です。大河ドラマのおばちゃんと思ってくれたらうれしゅうございます😊

鎌倉殿の13人の人物像をもう少し深く知りたい方はこちらをどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる