エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第13話あらすじ感想~義時と八重は結婚したの⁉「幼なじみの絆」

スポンサーリンク

北条時政が伊豆に戻ってしまった前回。

鎌倉は鎌倉殿と御家人の橋渡し的存在の時政がいなくなって、不穏な空気に包まれていく予感が…。

北の藤原秀衡の動きが怪しく、鎌倉から動けない頼朝。

どうやら全成に秀衡を呪い殺すまじないをやらせているようです。

そこへ大江広元か(栗原英雄)ら、後白河法皇の依頼で清盛をまじないで呪い殺したという僧がいるという情報が。

さっそく京から呼び寄せると、まさかのあの文覚市川猿之助)ではないですか。

阿野全成との読経セッションには腹を抱えて笑いました😂

実衣さんも加わった時の圧ったら^^;

人を笑い殺せるんじゃないかと思わせるほどのパワーでしたね。

そんなこんなで第13話は「幼なじみの絆」です。

木曾義仲と巴御前、義時と八重の幼なじみの絆についてです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次