エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第35話あらすじ感想~苦い盃|政範の死がもたらしたもの

スポンサーリンク

実朝が、政子が書き写した歌集の中の1つが気になるところから始まる今回。

政子はその歌は父・頼朝が作った歌だと伝えます。

『道すがら 富士の煙もわかざりき 晴るるまもなき 空のけしきに』
(富士の噴煙も分からなぬくらい雲が多く晴れ間がないという歌)

あなたも不安なことがあるかもしれない。でも、父上もそうだったのです。

その歌を励みにして、鎌倉殿も想いを歌にしてみたらどうかと助言する母・政子です。

なおらん

そして私は、オープニングクレジットを見て度肝を抜かされたのでした。

スポンサーリンク
目次

【鎌倉殿の13人】第35話 あらすじ

実朝の婚礼が近づく。

その陰で、時政とりくは息子を失っていた。

不可解な死の真相を巡り、駆け引きが始まる。

―オープニングナレーション引用

のえとの暮らし

鎌倉殿の御台所が、年内に鎌倉に来られるという話をのえに話す義時。

早く跡継ぎに恵まれると良いですねと言うのえに、義時は子がほしいかと聞くのです。

欲しくないと言えばうそになりますがと答えるのえに、子はいたらいたで何かと大変だと言います。

「小四郎殿には太郎殿がいらっしゃいます。私はそれで満足」

それを聞いてほほ笑む義時ですが…。


「満足なわけありませぬ。必ずや男子を産んで、その子をいずれは北条の家督にしてみせます。そうでなければあんな辛気くさい男に嫁ぎません」


祖父の二階堂行政に愚痴るのでした。

前回でのえの本性を見てしまった泰時は心配でなりません。

父に報告したほうがいいかどうか、初に聞いても関わらなければいいのではと言われてしまいます。

なおらん

初さんはごもっともな意見です。たとえ親子でも夫婦間のことには首を突っ込んではいけないのです。

鎌倉殿の婚礼

1204年12月10日、三代将軍実朝と結婚するため、後鳥羽上皇の従妹・千世加藤小夏)が鎌倉に到着します。

政範(中川翼)が連れて戻ってくるはずだったのに、京で突然の病で死んでしまったと報せを聞いてからのりくは、ふさぎ込んでいます。

時政が元気づけようとしても、とんちんかんなことばかり言うのです。

まあ、そのおかげで少し元気の出たりくさんなんだけれど。

かわいそうだけど、りくさんはこのままおとなしくしていてくれたほうが良かったのにね

婚礼の儀で盃を酌み交わす場面。

実朝は盃を飲むことをためらってます。

なおらん

結婚への不安がぬぐいきれないのですね。実朝にとっては苦い盃だったでしょう。

畠山重保の報告

千世を無事に鎌倉へ連れてきた報告の席で、畠山重忠の嫡男・重保(杉田雷麟)

が政範の死に関する思わぬ情報を義時に告げます。

平賀朝雅が毒らしきものを受け取っている話を聞いていたと言うのです。

そして、次の日に政範は宴の席で死んだと…。

朝雅に直接問い詰めたが、自分はやってないと言うばかり。

それで義時に伝えたのです。

平賀朝雅の嘘

朝雅は、りくに政範殿のことで嫌なうわさが流れていると言います。

あまりの突然の逝去に毒を盛られたのではないかと。

それは畠山重保の仕業だと伝えたのでした。

畠山一門は武蔵の国務を巡ってもめているので、北条に対して恨みをもっていると。

そして自分を下手人に仕立てようとしていると嘘をつくのです。

怒りに震えるりくは時政に畠山を討ってくれと願うのでした。

義時に疑いの目を向けられた朝雅は認めることなく、逆切れして京へ戻ってしまいました。

義時は時政に軽はずみな行動をしないようにくぎを刺します。

りくさんに尻に敷かれている時政は、すぐにでも畠山を討とうといきまいています。


「誰であろうと、この鎌倉で勝手に兵を挙げることはできませぬ。鎌倉殿の花押を据えた下文がないかぎり、勝手に動くことはできませぬ」


このあと時房も一言。


「義母上に振り回されるのはもうおやめください。息子として恥ずかしゅうございます」


「うるせえーーー!!」


最後のは余計だったと義時にたしなめられる時房でした😂

戦を避けるために動く政子と義時

政子は義時に頼まれりくと話をします。

畠山を討つなんてとんでもないことと言っても、りくはなんの事かとすっとぼけます。

なぜ畠山と戦わなければならないのかと言うのです。

もう御家人同士が殺しあうのはたくさんと言いながら、花をちょん切るりくの顔は怖かったですね。

義時は畠山父子と話をします。

平賀朝雅は疑わしいが京へ行ってしまって詮議はできぬ。

重忠は、ならばすぐに連れ戻して討ち取ろうと言うが、義時は首を縦にふりません。

朝雅は上皇様の近臣で、京を敵に回すことになるからだと。


「我らが言われなき罪で責められてもよいのか!執権殿の狙いはそこなのだ!」


この先は一手まちがえれば戦になると伝えるのが精いっぱいの義時でした。

和田館にて

実朝が気晴らしに泰時を連れて向かった先は和田義盛の館でした。

ここへ来ると不思議と心が落ち着くのです。

巴にお役目は大変ですかと聞かれ答えられない実朝です。

義盛はたまには羽目を外したらいいと言って、面白いところへ連れて行こうとします。

向かった先は歩き巫女大竹しのぶ)のおばばがいる場所。

歩き巫女とは

各地を巡回して祈祷きとう・占い・口寄せなどを行う巫女のことです。

引用元 コトバンク

おばばは泰時に向かい双六が苦手だろと言います。

泰時は子供の頃から双六をすると具合が悪くなってしまうのだと…。

上総介が死んだ時に生まれた子です。ブエイブエイと泣いていたことから、まるで生まれ変わりのようでした。上総介は双六の最中に斬られたので、そのことを語っているのですね。



続いて実朝には雪の日には出歩くなと言います。

災いが待っていると。

はい、実朝フラグが立ってしまいました。実朝の死は雪の降る夜のことです。

時政への忠告

義時は、真偽を正そうともせず次郎を罰するようなことがあれば、必ず後悔すると時政に忠告します。

畠山討伐は待つと約束する時政ですが…。

帰るとりくにたしなめられます。

りくを落ち着かせようとしても、りくは政範だけではすまない、次は自分の番かもしれないと時政を不安がらせるのです。

時政は押し切られ、御所へ花押をもらいに向かうのでした。

御所にて

御所では鎌倉殿がいなくて大騒ぎです。

近習たちを集め探し回ります。


そのころ、実朝は歩き巫女のおばばに悩みを打ち明けます。

おばばの答えはこうです。


「お前の悩みは、どんなものであってもお前一人の悩みではない。は~るか昔から同じことで悩んできた者がいることを忘れるな。この先もお前と同じことで悩む者がいることを忘れるな」




それを聞いた実朝はそっと涙するのです。

鎌倉殿がいないと騒ぎになっていると伝えに来た八田と御所へと帰るのでした。


時政より先に実朝を探そうと必死になる政子達。

しかし、実朝が帰ってきたことを先に知った時政は、下文の内容を隠して花押を押させてしまったのです。

義時と重忠

時政が分かってくれたとホッとした義時は重忠と酒を酌み交わします。

次郎がなすべきことは、執権殿の気持ちが変わらぬうちに起請文を書き潔白を示すことだと伝えるのです。

もし、執権殿と戦うことになったとしたら、あなたはどちらにつくおつもりかと問いかける重忠です。


「北条の邪魔になる者は必ず退けられる。鎌倉の為とは便利な言葉だが本当にそうなのだろうか」

「本当に鎌倉の為を思うなら、あなたが戦う相手は…。」

「それ以上は…。」

「あなたは分かっている」

「それ以上は…。」

つづく…

【鎌倉殿の13人】第35話 感想

今回は誰も死ぬことのない回でしたが、ずっしりと気が重くなる回でしたね(>_<)

時政パパは悪い人じゃないけど、りくさんには弱いから、重忠が忠義一徹の男だとわかっていても目がくらんで正しいことが見分けられないでいる。

りくさんは私の家族第一主義の人。前妻の娘のダンナのことなんかどうでもいいと思っている。

こういうところをたしなめられない時政が悪いっちゃ悪いんだよな。

時政は怒ったけど、時房は正論をぶちかましていて私はスッキリしたよ。

副題の「苦い盃」は、実朝の結婚への不安を拭えぬまま酌み交わした婚礼の盃。

京で毒を盛られて死んだ政範も飲んだであろう酒宴の盃。(この時代の16歳はお酒くらいちょっとは飲むよね?)

最後に義時と重忠が酌み交わした盃も今後訪れる悲劇へのプロローグとしての苦い盃。

この辺の意味があるのではないだろうか。

毎回いっぱい考えさせられます^^;

そして、そして今回何よりも驚いたのは、大竹しのぶさんの出演!!

サプライズ❓どこかで予告あったー⁈

全然知らなかったからオープニングクレジット見てびっくり仰天よ😳

義盛さんとちょっとしたコントを繰り広げちゃってくれて、さすがだな~と感心してしまいました(≧▽≦)


初回から今までずっと出ている畠山重忠のファンも多いことでしょう。

畠山重忠の乱は次回に引き続きます。もしかしたら、その次も⁇

畠山重忠の最期を見たくない私たちにとってせめてもの救いです。

42歳の畠山重忠を24歳の中川大志さんがこれ以上の重忠はないくらいに演じてくれています。

素晴らしい俳優ですね。

次回も神回必至です!

今回の私の注目点
なおらん

三浦義村はやはり人を見る力はずば抜けてますね。手についた米粒1つ見逃さない動物のような洞察力。やはり女の見極めも義村に頼むべきでしたね。

みんなの感想

いち早くツイートしてくれる新納さん(全成)に感謝ですね。

大河ドラマ(過去作)を観るならU-NEXTで

\31日間無料・U-NEXT 下のボタンから申し込みできます/

NHKまるごと見放題パックを購入いただくと、本数制限なく「見放題」で作品を楽しめます。また、U-NEXTなら月額990円(税込)で購入できます。
毎月付与される1200P使用も可能!断然お得です。
(※初月お試し期間)のポイントは600Pです。

ランキング参加中!
ポチっとしていただけたら励みになります!(^^)!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次