エンタメ大好きアラカン主婦の雑記ブログ

【鎌倉殿の13人】第32話あらすじ感想~災いの種|三代将軍源実朝誕生

スポンサーリンク

頼家は目を見張るほどの回復力を見せている。

義時らは誰が頼家に話をするのか、今後どうすべきか話し合います。

義時の答えは一つ。

頼家が息を吹き返す前に戻すしかないのでした…。

スポンサーリンク
目次

【鎌倉殿の13人】第32話 あらすじ

恐るべき早業で比企を滅ぼした北条。

千幡を鎌倉殿とする新体制が生まれる。

しかしそこには既に、大きな亀裂が入り始めている。

ーオープニングナレーション引用

不審がる頼家

何も知らない頼家は、見舞いに来た時政と時房に聞きます。

「せつに会いたい。なぜ顔を出さぬ」と……。

時政と時房は一幡もせつも、比企能員までも流行り病だと苦しい言い訳をします。

見舞いに来るのは北条の者だけで、比企の者が誰ひとり来ないんじゃ不審がるのも当然だよね。

不審がる頼家です。


政子にとってもつらいとこだが、せめてもの救いは一幡が生きているということ。

ところが、義時は比企討伐の混乱の中で一幡は死んだと言うのです。

嘘だと見破る政子。

義時は、最初から一幡を助ける気などなかった。

自分が願った一幡の助命嘆願を聞き入れる気などなかったと知った政子は、激しく憤ります。

義時の頬をひっぱたくのでした。

比企尼が頼朝を引っ叩いたのを彷彿させました。


「一幡様にいてもらっては困るのです」

北条と鎌倉を守るために、こうするしか手段がなかった義時だったのです。

真実を話す政子

このままでは頼家の命まで奪われかねないと危惧した政子は

頼家に真実を告げることを決意します。


「誰もがあなたはもう助からないと思った……。比企の一族は館に火を放ち、命を絶ちました」

「まやかしに決まっている!北条のやつらだ」

半分真実、半分嘘。政子も苦しいのは当然です。




泣き崩れる頼家に、政子は善哉は無事だから安心してほしいと言うことしかできませんでした。

激しい怒りを政子にぶつける頼家。



「北条を絶対に許さん!お前もだ」

征夷大将軍・源実朝誕生

後鳥羽上皇の元には頼家の危篤を伝える文が届き、頼家の次男千幡を征夷大将軍に任じてほしいと書かれています。

名僧・慈円山寺宏一は次の新しい将軍を大事にするようにと上皇に進言するのでした。

後鳥羽上皇より、千幡を征夷大将軍に任ずる宣旨が届き、『実朝』という名が与えられます。

また、朝廷と鎌倉をつなぐ京都守護職には、時政の娘婿・平賀朝雅山中崇が着任します。

いよいよ、時政とりくさんが望んだようになってきましたね。

時政誅殺命令

政子の言葉を信じられぬ頼家は、和田義盛と仁田忠常(高岸宏行)を呼び、能員が討たれたのは時政の指図だったことを確認します。

そして二人に、時政の首を取れと命じます。

義盛は迷ったあげく、時政にすべてを打ち明けるのでした。

泰時の告白

義時は泰時から、一幡を生かしてかくまっていると打ち明けられます。

諦めの悪い男はここにもいたんですね。

しかし、実朝が鎌倉殿に決まり征夷大将軍にも任ぜられた以上、一幡などにかまっていられない状態なのです。

情けをかけるわけにはいかないと心を決める義時でした。

災いの種となる一幡は生かしておいてはいけないのです。禍根はすべて絶つ、頼朝からの教えです。

一幡を殺すことができないという善児。

千鶴丸と何が違うという義時が、代わりに斬ろうとするとトウが間に入り一幡を水遊びへと連れて行くのでした。

水遊びをここにもってくるとは。すごいシナリオです。

あわせて読みたい


心に傷を負う者たち

義時が帰宅すると、妻である比奈が離縁を申し出ます。

比企の出である自分が比企を滅ぼす手助けをしたことで、心に傷を負っているのです。

なおらん

離縁をしないと起請文を書いている義時からは、離縁を切り出すことはできません。

比企の出である自分が北条に留まっていては、災いの種になりかねない。義時を思って自分から離縁を切り出したのですね。


一方、頼家に時政の首を取ってくるように命じられた仁田忠常もまた、主君頼家と伊豆の頃より世話になっている時政の間で苦しみます。

比企能員を討ち取った張本人でもあるのです。

比企能員を討ち取る時のなんとも言えぬ、苦しい表情が印象的でしたね。

そして、進退窮まった彼は自害してしまったのでした。

義時は頼家を非難します。

感情に任せた一言で、忠義の者が死ぬようなことがあってはならぬと。

同じようなことが二度とあってはいけないのだと。


鎌倉を離れる頼家

「頼家様には鎌倉を離れていただくしかない」

「伊豆の修善寺で、仏の道を極めていただきます」



義時や時房が政子に理解を求めるよう努めます。



1203年9月29日、頼家は少しばかりの家人を従え、修善寺へと出立するのでした。


御所では三代将軍源実朝が誕生しています。



頼家の正妻つつじと嫡子の善哉は、乳母父・三浦義村のもと、とある寺で暮らしています。

ある日境内で善哉が遊んでいると、一人の薄汚れた老婆が寄ってきました。

「善哉様でございますね。あなたこそが次の鎌倉殿になるべきお方。北条を決して許してはなりませぬ!」

比企尼の変わり果てた姿だったのでした……。

つづく…


【鎌倉殿の13人】第32話 感想

今回はやはり仁田忠常の死が悲しすぎました😭

これまで、誠実で純粋で強くて頼りがいのある忠常を演じてこられたティモンディの高岸さんがいなくなるのは、砂漠でオアシスがなくなるようなものです。

淋しすぎるの一言に尽きます。

史実では兄弟の早とちりで北条と戦わなければならず、死んでしまうのですが……。

やはり、ドラマチックに演出されていましたね。

誅殺を担ってきた善児が、一幡を殺せぬという。

いきなり人の心を持ったようで不思議な気がしますが、トウを助け育ててきた期間がそうさせたのかもしれません。

今後の善児とトウの関係も気になるところです。



今回の副題は「災いの種」です。

もちろん一幡が真っ先に思い浮かびますが、比奈もまた比企の出自である以上災いの種となってしまうのでしょう。

生きている以上頼家や善哉だってそうです。

今までの話の流れからすると以上の人が災いの種のようですが……。

これから災いの種となる人も登場してきましたね😳

山中崇さんの登場待ってました!(畠山重忠の乱のきっかけを作る人です)

さすが三谷さんです。毎回なるほどな〜と思わせてくれるタイトル付けですね😃

これからも鎌倉は災いが次から次へと押し寄せてきます。

義時の眉間のシワも深くなるばかりですね😣

今回の私の注目点
なおらん

夫と子供を比企に殺された実衣の表情はしばらく固くこわばっていました。比奈さえいなくなってほしいと思うほどに。しかし、千幡が鎌倉殿に就任した時の顔は誇らしげでした。少しでも心が癒されることを願うばかりです。

みんなの感想

大河ドラマ(過去作)を観るならU-NEXTで

\31日間無料・U-NEXT 下のボタンから申し込みできます/

NHKまるごと見放題パックを購入いただくと、本数制限なく「見放題」で作品を楽しめます。また、U-NEXTなら月額990円(税込)で購入できます。
毎月付与される1200P使用も可能!断然お得です。
(※初月お試し期間)のポイントは600Pです。

ランキング参加中!
ポチっとしていただけたら励みになります!(^^)!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次