¥100ショップ店員アラカン主婦の雑記ブログおすすめ記事

【LUNASEAの河村隆一が手術へ】RYUICHIの歌唱力が生きるおすすめ曲10選

スポンサーリンク

こんにちは!なおらんです。

先日私の好きなバンドLUNASEAのオフィシャルから以下のような発表がありました。

スポンサーリンク
目次

LUNASEAの河村隆一が手術へ



2019年に肺腺癌の手術を受けて復帰してから、もう大丈夫だろうと思っていた矢先の発表で非常に驚きました。

河村隆一はその歌唱力とルックスにおいて日本屈指のボーカリストです。

ロックバンドの一時代を築いてきた日本の宝と言っても過言ではないでしょう。

強い人だと思うので再び私たちの前で歌ってくれることを信じて待つしかありません。

今日は個人的なおすすめ曲を選曲しましたので、LUNASEAの曲、RYUICHIの圧倒的な歌唱力に触れ、手術の成功と病状回復を一緒に祈ろうではありませんか。

なおらん

私たちはいつまでも待ってるから、ゆっくり回復に努めてね!

LUNASEAのおすすめ曲10選

Anthem oh Light

アルバム『A WILL』収録曲

J原曲。Jによると、終幕前の最後のシングル「LOVE SONG」に収録されている「INTO THE SUN」へのアンサーソングであり、リズムもあえて近いビートが使われている -Wikipediaより

REBOOT後として初のオリジナルアルバムで、その幕開けにふさわしいオープニング曲。

突如として目の前が開けていくようなアンサンブルで、真矢の刻むドラムのリズムは圧巻。

勇気と希望に満ち溢れてくる1曲です。

MARIA

アルバム『A WILL』収録曲  

INORAN原曲。歌詞はRYUICHIとINORANの共作。2010年の「REBOOT」ツアーの東京ドーム公演で初披露された曲。歌詞・アレンジが発表当初とは変更されている。 -Wikipediaより

こちらもアルバム『A WILL』からの1曲。

切ない歌詞と美しい曲で 『A WILL』の中で1番好きな曲です。

この曲の胸キュンポイントの1つがJのスライド。(4:08

みんなでキュンキュンしましょう(≧▽≦)

銀の月

アルバム『A WILL』収録曲

SUGIZO原曲。2010年の「REBOOT」ツアーの東京ドーム公演で初披露された「Days of Repetition」の改題曲。原曲は終幕の頃には存在していたが当時のLUNA SEAでは完成させることが出来なかったので温めてあった。歌詞・アレンジが発表当初とは変更されている。 -Wikipediaより

これも 『A WILL』からの1曲。

小説のようなストーリー性のある歌詞を RYUICHI がファルセットを交え見事に歌い上げた秀逸曲。

『A WILL』はSLAVEにとっては忘れられない名盤となったに違いない。

Twitterも毎日更新!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる