当ブログで使用しているテーマSWELL公式ページはこちら

【東京オリンピック】卓球の見どころとメダル予想~高確率でメダル獲得の種目です

こんにちは!なおらんです。

オリンピックも真近に迫ってまいりましたが、やるやらない論争はさておき、ここまできたら、安全な運営をして、選手の為にも開催してほしいと思います。

そこで、高確率でメダルが取れそうな卓球の見どころについて紹介していきたいと思います。

何を隠そう、私は中学時代卓球部に所属していたのであります(*^^*)

こんな方におすすめ

卓球を始めて間もない人
卓球に興味を持ってる人
オリンピックで日本人のメダル獲得シーンを見たい人

こんな人へおすすめの内容です。

スポンサーリンク
目次

東京オリンピックで行われる種目について

今回の東京オリンピックの卓球競技で行われる種目は以下になります。

  • 男女団体
  • 男女シングルス
  • ミックスダブルス

今回新たにミックスダブルスが加わりました。

また、団体戦では1試合目にダブルスを行い、残り4試合がシングルスの3ゲーム先取と変更になり、ダブルスをとれるかどうかが試合に大きく関わってくるものと思われます。

卓球の代表は各国3名と決められており、シングルスに出場できるのは、そのうち2名だけです。

団体戦も3名で戦うのです。

熾烈な戦いを制して残った3名だけがオリンピックの切符を手に入れる事ができるのです。

ミックスダブルスも選ばれた男女3名の中から各国1組ペアを作りエントリーするという、厳しい戦いとなります。



卓球のラケット

団体戦のみどころ

1 男子団体

試合形式は 
1試合目 ダブルス (B/CvsY/Z)
2試合目 シングルス(AvsX)
3試合目 シングルス(CvsZ)
4試合目 シングルス(AvsY)
5試合目 シングルス(BvsX)

上記のようなABC-XYZ方式と呼ばれるルールで行われます。
AとXに当たる選手(いわゆるエース)がシングルスに2試合出場します。
また、シングルスで同じ選手が2度対戦することがないようになってます。

はっきり言って金メダルは中国の独壇場でしょう

中国はオリンピックや世界卓球等、大きな大会に確実に照準を合わせて調整してきます。
ツアー中の試合で中国選手に勝ったとしても、オリンピックでは別物になってきます。

ベスト4に上がってきそうな国を紹介します。

中国 (馬龍 樊振東 許昕)
日本 (張本智和 丹羽孝希 水谷隼)
韓国 (鄭栄植 張萬珍 李尚洙)
ドイツ(オフチャロフ ボル フランチスカ)



上記4強でのメダル争いだと思います。

日本は準決勝が一番の勝負どころです。ここで負けて3位決定戦にまわるとメダル獲得が怪しくなります。


懸念はダブルスを左利き同士の丹羽と水谷で組まなければならないことです。

ダブルスは右利き&左利きが圧倒的に有利です。

張本は日本のエースなので、シングルス2点使いは間違いないでしょう。

この点、中国は3人の中でランキングが2番目にもかかわらず、左利きの許昕をシングルスでは使わず、団体とミックスダブルスでの起用としています。

唯一左利きの許昕はダブルスでくるでしょう。

団体でのダブルスの相手がどちらになるのかは、はっきり言ってわかりません。

誰がシングルス2点使いになっても中国の力は変わらないのです。

日本が勝つには張本が必ず2点取ることが絶対条件でしょう。かなり厳しい条件です

金メダルを本気で狙っていってやっと銀メダルか銅メダルといったところでしょうか。

圧倒的王者の最強中国の試合を見れるだけでも、卓球経験者にとっては興奮間違いないです。

ダークホース的存在は台湾です。エース林昀儒は世界ランク7位の強者。
ベテラン荘智淵と陳健安はダブルスの巧者。侮れない存在です。


2 女子団体

ベスト4に上がってきそうな国の紹介です。


中国 (陳夢 孫穎莎 劉詩雯)
日本 (伊藤美誠 石川佳純 平野美宇)
韓国 (田志希 申裕斌 崔孝珠)
シンガポール(馮天薇 ユ・モンユ リン・イエ)
ドイツ(P.ゾルヤ ハン・イン シャン・シャオナ)



このあたりが上がってくると予想されます。

女子は男子と比べてメダル獲得は確実だと思います。

ほぼ中国と日本の決勝で間違いないでしょう。

日本が中国に勝つには、まずダブルスを制する事が絶対条件です。

石川平野のダブルスで間違いないと思われます。

中国は劉詩雯孫穎莎でくると思います。

中国は全員右利きの選手なので、唯一弱点をつくとしたらダブルスしかないです。

しかし中国は、ダブルスを落としたとしてもシングルスで3点とってくるのです。

陳夢は女子の絶対王者です。2点必ずとってくるでしょう。

あと1点を2人のどちらかがとればいいのですから。

予想は、金メダル中国、銀メダル日本、銅メダル韓国、ドイツ、シンガポールのいずれか。

銅メダルに関してはどの国がきてもおかしくないです。

それだけ力が均衡しているということです。 


卓球選手女性


シングルスの見どころ

1 男子シングルス

シングルスは、はっきり言って馬龍樊振東の一騎打ちとなるでしょう。

世界ランクでは樊振東が1位で上なのですが、馬龍には豊富な経験があります。

連覇もかかっているので死に物狂いで臨んでくるでしょう。

また、馬龍は試合の駆け引きが上手いです。戦術転換、新しいサーブの出しどころ等、これから本気で卓球に取り組もうとしている人は絶対に見て研究すべきです。

張本に銅メダルは取らせてあげたいのはやまやまなのですが、各国にも強敵がぞろぞろいます。

オフチャロフ張禹珍林昀儒カルデラノ ファルク 誰が銅メダルになってもおかしくないのです。

熾烈なメダル争いになるのは必至。

これこそが男子シングルスの見どころです。


私の予想
・金メダル 馬龍
・銀メダル 樊振東
・銅メダル 張本智和 (かなり贔屓目にみてます^^;)




2 女子シングルス

女子は陳夢の優勝は固いでしょう。

世界ランク2位の伊藤でさえ陳夢に1度も勝ったことがないのですから。

女子に関しては、陳夢伊藤孫穎莎の三つ巴になると思います。

出場選手の中では他の選手との差が少しあります。


私の予想
・金メダル 陳夢
・銀メダル 伊藤美誠
・銅メダル 孫穎莎



ミックスダブルスの見どころ

東京オリンピックから初めて導入となる種目です。

優勝すれば初代チャンピオン
となるのです。

どの国にもチャンスはあるのだから、力を入れてくることは間違いないでしょう。

ダブルスは個人の力だけでは計り知れないものがあります。ましてやミックスとなるとなおさらです。

それゆえ日本が金メダルに1番近い種目となるでしょう。

伊藤水谷はツアーでの優勝経験もあります。

しかし、中国の許昕劉詩雯ペアは今回シングルスの出場はありません。

その分ミックスの練習を集中してやることができます。

シングルス、団体、ミックスとフル出場の伊藤に疲労が蓄積されるのが懸念材料です。

中国以外の注目ペアは、韓国(李尚洙 田志希)、台湾(林昀儒 鄭怡静)、香港(黄鎮廷 杜凱琹
です。5ヵ国でのメダル争いとなるでしょう。


私の予想
・金メダル (水谷 伊藤
・銀メダル (許昕 劉詩雯
・銅メダル (李尚洙 田志希







競技日程

7/25  
男子シングルス予選、2回戦
女子シングルス予選、2回戦
ミックスダブルス 準々決勝、準決勝

7/26
ミックスダブルス決勝
男子シングルス2、3回戦
女子シングルス2、3回戦

7/27
男子シングルス3回戦、4回戦
女子シングルス3回戦、4回戦

7/28
男子シングルス準々決勝
女子シングルス準々決勝

7/29
男子シングルス準決勝
女子シングルス準決勝
女子シングルス決勝、
7/30
男子シングルス決勝、

8/1
男子団体1回戦
女子団体1回戦

8/2
男子団体1回戦、準々決勝
女子団体1回戦、準々決勝

8/3
男子団体準々決勝
女子団体準々決勝、準決勝

8/4
男子団体準決勝
女子団体準決勝

8/5
女子団体決勝

8/6
男子団体決勝

いずれも東京体育館で行われます。

競技スケジュールは今後変更される可能性があります

最後に

今回のオリンピックではどの種目もメダルがとれる可能性があります。

確かに中国は高い高い壁です。

しかし、近年着実に中国と世界の差は縮まってきています。

金メダルも夢ではなくなってきています

各国選手すべての力を出し切って戦ってほしいと思います。


個人的には馬龍と水谷とボルは最後のオリンピックになるであろうから、応援しちゃいます(*^^*)

関連記事

【世界卓球2021ヒューストン】日本と中国の代表選手のみどころを分析【複数メダルもあり?】






ランキングに参加しています!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


Twitterも毎日更新!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる